In-Flight Skincare

天空10,000メートルでのスキンケア

天空10,000メートルでのスキンケア:究極の潤い守りガイド

長時間フライトはあなたの肌にも一大試練。空気が乾燥し、肌はくすんでしまい、水分が奪われてしまいます。湿度の低い機内、気圧の変化、これらが肌をパニック状態に陥らせてしまうのです。でも心配ご無用、機内でもうまく水分ケアをすれば、瑞々しい肌のまま目的地に降り立つことが可能なのです。今回のブログでは、旅路を通じて肌のモイスチャーと輝きを保つための絶対に知っておきたいヒントをお届けします。

フライト前のキレイ始め:

まずは飛行機に乗る前の肌の準備からスタート:

肌の汚れや余分な皮脂を落とすため、優しくて保湿力のあるクレンザーで顔を洗いましょう。 天然成分のモイスチャライザーで肌に保護膜を作り、保湿力をUP。 肌に息をさせるために、厚塗りメイクは避け、最小限のナチュラルメイクを選びましょう。
体の中からのモイスチャーケア:

肌の水分バランスを保つためには、体内からの水分補給が大切:

飛行前・飛行中・飛行後、常に水分を摂り続けることで、機内の乾燥した空気から身を守りましょう。 カフェインやアルコールは脱水を招く可能性があるため、摂取は控えめに。代わりにハーブティーや白湯がオススメです。

ミストでスプリングリフレッシュ:

フェイシャルミストは、機内でのスキンケアの強い味方:

携帯用のフェイシャルミストを常備し、肌の乾燥を感じたらすぐにスプレーしましょう。 ローズウォーターやアロエベラ、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているミストは特におすすめです。

シートマスクでのうるおいチャージ:

機内での時間は、豊富な栄養素で肌をいたわるチャンス:

高保湿のシートマスクを選び、15〜20分のパックで肌にしっかり水分を与えましょう。 肌に優しい天然素材のシートマスクがオススメです。

手にも気を配る:

手も頻繁に洗うことで、機内の乾燥空気から特に影響を受けやすい部分:

ハンドクリームで手の保湿を欠かさず、肌を柔らかく保つことが大切です。 手が乾燥してきた感じたら、または手を洗った後は、すぐにクリームを塗りましょう。

紫外線からもガード:

機内にいても紫外線は肌に届きます:

特に窓際の席では、露出している肌に幅広い保護効果のある日焼け止めを塗ることを忘れずに。

ぐっすり眠ってリラックス:

深い眠りは、健康な肌をつくります:

アイマスクやネックピロー、ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用して、質の高い睡眠を確保し、ストレスを軽減しましょう。

これらの機内でのスキンケア法をしっかりと実践すれば、機内の乾燥した空気を乗り越え、目的地にうるおいたっぷりの肌で降り立つことができます。旅行ごとにこれらのアドバイスをスキンケアルーチンに組み込むことが一番大切です。

旅路も肌も、しっとりと輝かせましょう!

 




コメントを残す

コメントを公開するためには承認される必要があると気を付けてください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

OUR COLLECTION